トップページ >  女性用育毛シャンプーの基礎知識 >  賢いシャンプーの選び方

女性用育毛シャンプーの配合成分の見方と賢い選び方

育毛成分の効果は10種類

育毛成分の効能は、10つの効能に分けられます。 男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化の10つです。 含まれている成分がこの10の効能のうち、どれをカバーしているかによって育毛剤の価値が決まります。

それぞれの効能の説明やよくつかわれる成分は、当サイトでもまとめてあるので、そちらを参考にしてください。 育毛剤を買うときは、含まれる成分の効能を、どのくらいカバーしているかを抑えましょう。

育毛成分の効果・効能の分類

  育毛成分の効能は、10つの効能に分けられる
  「男性ホルモン抑制」、「血管拡張」、「栄養補給」、「抗脂漏」、「保湿」、「消炎」、「頭皮代謝」、「抗菌」、「角質溶解」、「抗酸化」の10の効能



育毛シャンプーの成分構成

育毛シャンプーの選び方は、配合成分と、その効能を確認することが大事です。 育毛シャンプーの場合、成分構成といっても育毛剤とは少し違います。

育毛剤は、育毛や発毛促進することがのみがなので、ほぼ育毛成分しか配合されていません。 しかし、育毛シャンプーの場合、目的は頭皮の汚れを洗浄することがまず1番目であって、育毛促進は2番目です。 つまり、育毛シャンプーの成分構成は、頭皮の洗浄剤、育毛成分でほぼ構成されます。 育毛シャンプーではなく、普通のシャンプーの場合は、育毛成分も含まれません。

頭皮の洗浄剤は大まかに6タイプ、育毛成分は10タイプあるので、配合成分がどれに当たるのかをチェックすることが育毛シャンプー選びのポイントです。

また、最近では、育毛作用を働くようにつくられた機能性成分も注目です。これらは特許申請をしているケースがほとんどです。 当サイトの鑑定では、洗浄成分のタイプ、育毛成分のタイプ、特許などの特徴成分などを中心に育毛シャンプーを評価しています。

育毛シャンプーの成分構成

  洗浄成分のタイプは、6つのうちどれかをチェック!
  育毛成分の効能は、10のうちどれをカバーしているかチェック!
  特許などの特徴成分にも注目!



賢い育毛シャンプーの選び方

シャンプーの効果を決めるのは成分です。
洗髪の洗い上がりの良さを決めるは、シャンプーに含まれる配合成分です。 シャンプーを特徴づけるのは、商品の配合成分がすべてです。 資生堂や花王などの大手ヘアケア用品は、女優を使ったCM効果の影響で、なんとなくサラサラになるようなイメージが大きいですが、 やはり配合成分こそ、商品の品質の全てなのです。

CMやラベルの宣伝広告に惑わせれては、よいシャンプーなのか判断ができませんね。 一番大切なことは、必ず、シャンプーの配合成分を確認することです。 そして、配合成分から洗浄剤の系統、育毛成分の効能を把握すること。

シャンプーの配合成分は、最近ではWEB上に表示している商品がほとんどです。 しかし、大手の商品や市販の商品は、成分をWEB上で公開していません。大手や市販の商品は店舗で手にとり、配合成分を確認するしかないでしょう。

配合成分=品質なので、よい成分を使うと当然コストに跳ね返ります。 市販の安価なシャンプーは、いうまでもなく"ある程度の成分"しか配合されていない点は理解しましょう。 市販の安価なシャンプーがWEBで配合成分を公開したがらない理由もここにあります。 育毛成分を含む育毛シャンプーなら、なおさらです。配合成分と商品の価格帯を気にしてください。

ほんとうに配合成分がよいシャンプーを選ぶなら、2000円以上のものを選びましょう。 商品にもよりますが、シャンプーの配合成分の良し悪しは、「2000円」を下限と考えてください。

良いシャンプーの選び方のポイント

  CMやラベルの宣伝広告に惑われない
  シャンプーの配合成分をみて、効能のバランスがよいものを選ぶ
  2000円以上のシャンプーを選ぶ



女性用シャンプーの成分構成の特徴

女性用シャンプーの成分構成は、男性用シャンプーと違って特徴があります。 しかし、一概にシャンプーといっても、いろんなタイプがあるので、商品によって違うことには注意してください。

男性用シャンプーの成分構成と比べると、女性用シャンプーの成分構成の特徴はいくつか違いがありますが、 もっとも顕著な違いは、洗浄効果の強さと保湿成分の配合の違いでしょう。

男性用の洗浄剤は、女性に比べて強いものが多いようです。これは男性のほうが皮脂が多く、頭皮が強いことが理由です。 さらに男性用にはメントールなどの清涼成分が多いのも特徴です。

また、女性用シャンプーは保湿成分が多めです。これは女性は頭皮の肌が男性より弱く、頭皮環境を整える目的にしたシャンプーが多いためです。 全体的に肌にやさしい植物エキスで構成されているものが多く、頭皮の血行促進などはシャンプーで育毛成分にも特徴があります。
配合成分をみて、目的の効能がなんなのか確認することが大事です。
このサイトでは、シャンプーの配合成分を洗浄剤のタイプ、育毛成分10種類の効能で分類していますので、参考にされてください。

女性用シャンプーの成分構成の特徴

  洗浄成分はやさしめ
  保湿成分は多い
  頭皮環境改善型がほとんど
  植物エキス成分が多い



女性の薄毛に効果的なシャンプー

女性の薄毛に効果的なシャンプーを選ぶにはコツがあります。 ヘアケア用品は成分構成が全てを決まることはたくさん説明していますが、薄毛に効果的なシャンプーにはいくつかポイントがあります。

まず、育毛シャンプーとうたっているものを選びましょう。シャンプーの中でも育毛成分が含まれているので、頭皮環境を整えることを考えて作られています。 また育毛シャンプーは、洗浄剤が強すぎないことも薄毛には良い特徴です。 頭皮が弱い女性は、合成界面活性剤など刺激性成分が含まれていないものを選びましょう。

洗浄効果の高いけれど、肌にはやさしめの育毛シャンプーがよいシャンプーです。 10代の若いころは皮脂が多いので洗浄効果の高いシャンプーで十分ですが、20代後半以降になると肌にやさしめのシャンプーに切り替えるべきです。 シャンプーの切り替えに遅れる場合も、薄毛や抜け毛の原因になります。

育毛成分は、効能バランスの大きいものがベストです。10種類の効能のうち、配合成分がどれだけカバーできているかがポイントです。 中でも育毛成分の効能カバーが大きく、値段も高すぎないものがコストパフォーマンスがよくおすすめです。 このサイトではこの指針にそって評価採点しているので、参考にしてしてみてください。

女性の薄毛に効果的なシャンプー

  育毛シャンプーを選ぶ
  洗浄成分がやさしめ
  育毛の効能のカバーが大きい
  コストパフォーマンスの高いもの



50種類の女性用育毛シャンプーの成分を効果で比較しました

当サイトでは、育毛成分の効能カバー率を重視して、育毛剤を評価しています。 たとえば、ある育毛剤について、以下のように全成分を効能で分類することで採点しています。

気になるヘアケア商品がある場合は、それぞれの効能表を確認してみてください。

育毛剤Aの育毛成分分析(例)
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 センブリエキス、 ニンジンエキス
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持 みかんエキス、 宮内イヨカンエキス、 甘夏柑エキス
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 グリチルリチン酸
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制


【女性用】50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定しました。本当にいい育毛シャンプーは?


シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ