トップページ >  私に合う女性用育毛シャンプーは? >  髪のハリコシをよくする女性シャンプー

毛母を活発にする成分と髪のハリコシをよくする女性育毛シャンプーって?

毛母を活発にする成分

頭皮や髪には、栄養補給が必要です。頭皮や髪の栄養補給には、体の内側の血管から与えられる栄養と、育毛剤などで体の外側から与えられる栄養の2種類があります。
頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、毛母と呼ばれる頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。



栄養を補給する代表的な成分

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、亜鉛、アセチルメチオニン、イノシトール、システィン、セリン、ワレモコウエキス、CTP、ポリリン酸、ケラチン、ヨウ化ニンニクエキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、BCAA、発酵エキス、アミノ酸各種(グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸など)、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワカメエキス、ヘマチン、カギイバラノリエキス、ゼイン、、アムラ、サンシャエキス、パントテニルエチルエーテル、ビオチン、スレオニン、セリンなど



頭皮の代謝を上げる成分

頭皮の代謝とは、頭皮の皮膚呼吸を施す酵素の活性化することです。頭皮の皮膚呼吸がよくなると、余計な皮脂やフケが頭皮に溜まらなくなるので、頭皮環境が改善されます。
頭皮の代謝を活性化する成分を、外部から与えることで、頭皮環境を改善し、脱毛予防、育毛促進につながります。



頭皮の代謝を活性化する代表的な成分

パントテント酸(パンテノール)、クロレラエキス、クロロフィル、ヒノキチオール、サンザシエキス、酵母エキス(一部)、トウニンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、ユッカグラウカ根エキス、、クロレラエキス、オクタペプチド-2、デカペプチド-4、ゴレンシ葉エキス、クコの実、、ナノ金コロイドなど



髪のハリコシをよくする女性シャンプーは?

髪のハリ・コシをよくするには、そのシャンプーに含まれている「栄養補給成分」と「保湿成分」をチェックしましょう。

爪や皮膚の角質層や髪は、ケラチンや18種類のアミノ酸が結合したタンパク質でできています。
頭皮や髪の栄養補給には、食べ物から栄養をとることはもちろん大事ですが、体の外側から与える育毛剤の栄養補給も同時にしてあげることも大事です。 頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えると、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

また、髪のハリやコシをよくするには、頭皮環境がある程度潤っていること、髪自体にも保湿が保たれていることがポイントです。 乾燥は頭皮の表皮に余分なフケを残すばかりでなく、頭皮の代謝を低下させるせいで、脱毛の要因をつくってしまいます。

女性用ヘアケア用品は、男性用と違い、植物性の保湿成分が多く含まれているので、「栄養補給成分」と「保湿成分」を含む女性用育毛シャンプーは それなりにあります。当サイトで取り上げている女性用育毛シャンプーでも10個以上がその対象です。
(「栄養補給」と「保湿」の列が、両方とも"○"か"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)


この中でも成分的に特に、髪のハリ・コシをよくする「栄養補給成分」と「保湿成分」が多いのは、
   ・自然派シャンプー花しゃん
でしょう。

自然派シャンプー花しゃんは、全体的に肌にやさしめで種類を限定した植物成分で構成されているのが特徴です。


髪のハリ・コシをよくする女性用育毛シャンプーのリスト(「栄養補給」「保湿」の列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
刺激
成分
総評


自然派シャンプー
花しゃん

アミノ酸系のみ

なし


シンプリッチ(simprich)

アミノ酸系と植物性洗浄剤

なし



【女性用】20種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。毛母を活発にするシャンプーは?