トップページ >  私に合う女性用育毛シャンプーは? >  保湿のいい女性用シャンプー

頭皮に潤いを与える成分と保湿のいい女性用育毛シャンプーは?

頭皮に潤いを与える保湿成分

頭皮にもいきすぎた乾燥は大敵です。 顔と同じように、頭皮にも保湿を常日頃行うことが、脱毛予防必要です。 髪の発育を促すには、髪の土台である健康は地肌を保つことが不可欠です。地肌の乾燥はフケ、かゆみの原因になるだけでなく、抜け毛の原因にもなってしまいます。 そこで、育毛剤には必ず保湿成分が含まれています。

育毛剤に含まれる保湿成分としてはヒアルロン酸がポピュラーです。ヒアルロン酸は保湿化粧品の成分としても有名で、優れた保湿力を持っています。 その保水力はなんと1gで6リットル。地肌に潤いを与え、みずみずしい状態へ導いてくれます。

近頃人気の植物系天然保湿成分も、育毛剤に配合されていることが多い保湿成分です。 天然保湿成分には、ドクダミエキス、ビワの葉エキス、アロエエキス、米ぬかエキス、ユズエキスなどがあります。

頭皮と顔の皮膚はひと続きです。顔に比べて頭皮の保湿はおざなりにしてしまいがちですが、顔と同様、贅沢に保湿成分を配合した育毛剤でしっかりと 地肌をケアをしてあげることが、育毛にも効果的だということでしょう。

乾燥は頭皮の表皮に余分なフケを残すばかりでなく、頭皮の代謝を低下させるせいで、脱毛の要因をつくってしまいます。 女性の場合は、特に頭皮が乾きやすい傾向にあるので、特に保湿が必要です。ヘアケア用品でしっかりと保湿エキスが含まれているものを選んでください。



頭皮を保湿する代表的な成分

カカオバター、アマモエキス、トウキンセンカエキス、ローヤルゼリーエキス、レモンエキス、シルクエキス、アロエ抽出液、オトギリソウエキス、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、みかんエキス、ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、BG、米ヌカエキス、ヒオウギエキス、ジオウエキス、キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、植物オイル(保湿用)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、オレンジエキス、アセロラエキス、プルーン分解物、チェリモヤ果実エキス、プラセンタエキス、コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、キュウリ果実エキス、海藻エキス、キトフィルマー、キナエキス、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、ピロリドンカルボン酸、加水分解オクラ種子エキス、アムラ、シカカイ、ハスエキス(ハス雄しべエキス)、など



保湿のいい女性用育毛シャンプーは?

保湿のいい女性用シャンプーを選ぶには、保湿成分がきちんと含まれているかチェックしましょう。

シャンプーはそもそも頭皮の汚れを界面活性剤やアミノ酸で洗い流すのが、主目的ですから育毛剤の保湿力を比べると劣ることはいうまでもありません。 しかし、脱脂力が強いシャンプーを使う場合は、頭皮がカサつかないために、保湿成分がある程度含まれているシャンプーを選ぶほうがよいといえます。

また、ヘアケアの保湿剤の場合、エステル系やグリコール系はベースとしてほぼ入っているので、保湿を狙う商品ならこれら以外の成分に着目するとよいでしょう。

女性用育毛シャンプーの場合、保湿成分を含むものはたくさんありますが、やはりピンきりです。
(「保湿」の列が、"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)

成分的には、以下の商品が対象ですが、この中では
  ・自然派シャンプー花しゃん
が比較的保湿に力を入れているといえます。


保湿のいい女性用育毛シャンプーのリスト(「保湿」の列が"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
刺激
成分
総評


自然派シャンプー
花しゃん

アミノ酸系のみ

なし


レヴール モイスト&グロス シャンプー

アミノ酸系・合成洗浄剤・植物油

オレフィンスルホン酸Na・メチルパラベン


レヴール スカルプ シャンプー

合成洗浄剤・アミノ酸系

スルホコハク酸ラウレス2Na・エチドロン酸・パラベン



20種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?