トップページ >  > オレフィン(c14-16)スルホン酸naの効果と問題点

オレフィン(c14-16)スルホン酸naの効果と問題点


オレフィン(c14-16)スルホン酸naは一般名を「テトラデセンスルホルン酸ナトリウム」と呼ばれる界面活性剤です。 非常に洗浄力が強く泡立ちがよいのが特徴です。

高級アルコール系の洗浄剤であるラウレス硫酸Naと比べると刺激が少し弱めになります。 皮膚や目に対して優しい洗浄剤であり、生分解性が早いので酸やアルカリに対して安定した働きをしてくれます。

ただし、かなり高い脱脂作用があるため、必要な皮脂まで取り去ってしまうので 乾燥肌の人はより乾燥がすすむことも考えられることから注意が必要です。 使われ方としては、シャンプー剤の洗浄剤や起泡剤、液状石鹸の基材、 化粧品では乳化剤として使用されることが多いようです。

シャンプー剤に配合された場合は、洗い上がりがごわついたり、髪がぱさついたりすることもあります。 また、タンパク変性作用があるため、皮膚に対して刺激を与えるところも気になります。

そのため、この成分を洗浄剤のベースにするのではなく、 アミノ酸系のシャンプーのサブ的や役割としてごく少量配合し、 洗浄力や起泡性を高めるために使われていることが多いようですね。
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ