トップページ >  > ラウラミドDEAの効果

ラウラミドDEAの効果


一般名では「ラウリン酸ジエタノールアミド」と呼ばれる「ラウラミドDEA」は 界面活性剤の一種です。
ヤシ油やパーム核油などを加水分解し、さらに蒸留精製してできるラウリン酸とジエタノールアミンを合成して 得られる非イオン系の界面活性剤のことです。

シャンプーに配合することで泡の安定性を向上させたり、 泡をたちやすくしたり、粘性を増加させたりして、シャンプーとしての機能全体的に向上させてくれる洗浄補助成分です。 皮膚に対して刺激を緩和する作用も持ち合わせていて、コストも高めであることから 比較的高級なシャンプー剤や洗顔料に使用されることが多いようですね。

また、洗浄力や耐硬水性を高めるような働きもあるので、 より使い心地をよくしてくれます。
コミカドDEAも同様の作用を持つ成分ではありますが、 ラウラミドDEAはさらに高性能にしたイメージです。 単独で使用するというよりもほかの洗浄剤と組み合わせることで 起泡力や増泡切れをよくする効果が期待できる成分です。

よりよい使い心地を求めるなら成分表の中にラウラミドDEAが含まれているかどうかを 確認してから選ぶとよいでしょう。
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ