トップページ >  女性用育毛シャンプーの成分評価 >  ウェン(WEN)の成分評価

ウェン(WEN)の全成分をチェックしました!

ウェン(WEN)の全成分

水、グリセリン、セタノール、セテアリルアルコール、アモジメチコン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ベヘントリモニウムメトサルフェート、アロエベラ液汁、カミツレ花エキス、ローズマリーエキス、パンテノール、加水分解コムギタンパク、アーモンド油、プルヌスセロチナ樹皮エキス、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル、メントール、BG、ポリソルベート60、クエン酸、香料、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン


ウェン(WEN)の成分を大解剖!

ウェン(WEN)の成分を
「育毛効果のある成分」
「洗浄効果のある成分」
「頭皮に悪い成分」
に分類して、さらに特筆すべき成分をその働きごとに分けました。 ウェン(WEN)の成分が何に使われているかがわかります。

育毛効果のある成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 カミツレ花エキス、ローズマリーエキス
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持 アロエベラ液汁、加水分解コムギタンパク
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 アロエベラ液汁
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する パンテノール
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制

洗浄効果のある成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
洗浄剤 頭皮の汚れを洗浄する セタノール、セテアリルアルコール(合成)、ステアラミドプロピルジメチルアミン(植物性)、アーモンド油、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル
アルコール系洗浄剤・合成洗浄剤・植物洗浄剤・植物オイル

頭皮に悪い成分
成分の種類 商品中の配合成分 毒性の説明
防腐剤 メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン
皮膚刺激性が強い防腐剤

ウェン(WEN)の成分のポイント

育毛成分の種類は少なく、育毛の効能はカバーは小さい。

ウェン(WEN)は、育毛成分の種類は少なく、育毛の効能はカバーは小さい育毛シャンプーです。育毛シャンプーとしては、育毛効果はあまり期待できないでしょう。

頭皮に刺激が強い成分が多い

ウェン(WEN)の配合成分は、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノンなど頭皮に刺激の強い成分が多く使われているのが気になります。成分的には、HPのイメージとは逆に、頭皮にやさしくありません。

加水分解コムギタンパクを配合するなら、HPでの説明がないとダメ。

ウェン(WEN)には、加水分解コムギタンパクが含まれています。これは悠香の茶のしずくの件で、小麦アレルギーを起こした問題の成分です。国内においては、不安視される成分であるので、問題のないことをきちんを説明すべきです。


ウェン(WEN)は「見送り」

育毛成分・・・   (10点満点)
洗浄成分・・・   (3点満点)
低刺激度・・・     (2点満点)

総合評価・・・ (15点満点)




ウェン(WEN)の商品詳細

ウェン(WEN)は、育毛成分の種類は少なく、育毛の効能はカバーは小さい育毛シャンプーです。育毛シャンプーとしては、育毛効果はあまり期待できません。

また、ウェン(WEN)の配合成分は、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノンなど頭皮に刺激の強い成分が多く使われているのが気になります。成分的には、HPのイメージとは逆に、頭皮にやさしくありません。
さらに、加水分解コムギタンパクも含まれていますが、茶のしずく事件で小麦アレルギーを起こした問題になった成分ですので、HPに説明がないことが不安です。
価格 5,900円
(クレンジング(シャンプー)、ジェル、トリートメントのセット)
内容量 (クレンジング(シャンプー) 360ml
ジェル 60ml
トリートメント 56g
特典 全額返金保証あり


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の女性用育毛シャンプーはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ