トップページ >  > 男性ホルモンは抜け毛や薄毛にどう影響するの?

男性ホルモンは抜け毛や薄毛にどう影響するの?


薄毛の中でもAGAとよばれる男性型脱毛症は、男性ホルモンが原因だといわれています。 男性ホルモンがすべて影響するわけではなく、中でも「テストステロン」が 薄毛や抜け毛と大きく関わっているのです。

というと男性ホルモンが多く分泌している人が薄毛になりやすいと思われがちですが、 実はそうではありません。 テストステロンが「5αリダクターゼ」という変換酵素によって 「ジヒドロテストステロン」(DHT)という物質に変わることが原因なのです。

DHTは、髪を生み出す元となる毛母細胞に髪の成長を抑制する指令を出すため、 発毛周期が短くなり、まだ成長しきっていないうちに髪が抜けてしまうという現象を起こすのです。 女性にも少ないとはいえ、男性ホルモンが分泌されており、5αリダクターゼも皮脂腺や毛乳頭に存在している物質なので 女性でも男性型脱毛症を発症する人もいるというわけです。

ですから、どちらかといえば、男性ホルモンが多く分泌されているかよりも、 5αリダクターゼの生成量のほうが薄毛や抜け毛に大きく影響しているといえるのです。
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ