トップページ >  > 女性にも男性ホルモンってあるの?抜け毛に関係はある?

女性にも男性ホルモンってあるの?抜け毛に関係はある?

女性にも男性ホルモンってあるの?

男性ホルモンというと男性特有のものと思われがちですが、実は女性の体にもしっかりと存在しています。 もちろん、男性よりもはるかに少ないという分泌量の違いはありますが、男性にも女性ホルモンがあることと同じことです。

実は女性の薄毛の一種「男性型脱毛症」は、この男性ホルモンが大きく影響しているといわれています。 本来、男性ホルモン「テストステロン」は筋肉の増大や体毛の増加などの作用を持っていますが、 「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで「ジヒドロテストステロン(DHC)」に変換されます。

そして、このDHCこそが抜け毛を招く原因なのです。
特に前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすいため、 女性でも男性型脱毛症の場合は、頭頂部全体が薄くなるのではなく、 おでこの生え際から薄毛が広がっていきます。

また、女性の場合、基本期には男性ホルモンより女性ホルモンの分泌のほうが多く、 男性ホルモンを抑制する働きがあるのですが、加齢とともに女性ホルモンの分泌が 減少することで男性ホルモンを抑制できなくなり、より抜け毛や薄毛が増えてくるのです。

男性ホルモンは抜け毛や薄毛にどう影響するの?

薄毛の中でもAGAとよばれる男性型脱毛症は、男性ホルモンが原因だといわれています。 男性ホルモンがすべて影響するわけではなく、中でも「テストステロン」が 薄毛や抜け毛と大きく関わっているのです。

というと男性ホルモンが多く分泌している人が薄毛になりやすいと思われがちですが、 実はそうではありません。 テストステロンが「5αリダクターゼ」という変換酵素によって 「ジヒドロテストステロン」(DHT)という物質に変わることが原因なのです。

DHTは、髪を生み出す元となる毛母細胞に髪の成長を抑制する指令を出すため、 発毛周期が短くなり、まだ成長しきっていないうちに髪が抜けてしまうという現象を起こすのです。 女性にも少ないとはいえ、男性ホルモンが分泌されており、5αリダクターゼも皮脂腺や毛乳頭に存在している物質なので 女性でも男性型脱毛症を発症する人もいるというわけです。

ですから、どちらかといえば、男性ホルモンが多く分泌されているかよりも、 5αリダクターゼの生成量のほうが薄毛や抜け毛に大きく影響しているといえるのです。

α5リダクターゼって何?

5αリダクターゼとは酵素の一種で、男性ホルモンの「テストステロン」と結びつくことで 「ジヒドロテストロン(DHT)」に変換するという働きを持っています。

実はこの変換され、生成された「ジヒドロテストロン」は、 脱毛を引き起こす大きな問題になっているのです。

一般的には男性ホルモンの分泌量が多い人ほど薄毛になりやすいと思われていますので、 テストステロンの分泌が多い人が薄毛になりやすいと思う人も多いと思いますが実は全く関係なく、 その分かれ目は5αリダクターゼの量が関係しているといえるのです。

気になる5αリダクターゼの分泌量は遺伝によるところが大きいところを見ると 薄毛が遺伝するといわれていることも納得できますね。

また、5αリダクターゼには2種類のタイプがあり、皮脂腺に存在しているのが1型5αリダクターゼ、 毛乳頭に存在しているのが2型5αリダクターゼです。

そして、近年の研究では、特に2型5αリダクターゼが男性型脱毛症に強い影響を及ぼすことが明らかになりました。 ですから、薄毛予防にはこの2型5αリダクターゼの分泌を抑制することが重要なのです。


50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定しました。α5リダクターゼにいい育毛シャンプーは?
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ