トップページ >  > フケ症が女性に増えている理由と簡単な対策

フケ症が女性に増えている理由と簡単な対策

フケってそもそも何?

頭をかいたとき、白い粉のようなものが出てきますがこれがいわゆる「フケ」。
その正体は簡単にいうと頭皮の垢のことであり、新陳代謝によって頭皮の上に押し出された古い角質のことです。

垢となればやはりフケは不潔なものだということがわかりますが、 確かに周りでフケが肩に溜まっている人を見ると嫌悪感を感じますね。

けれども、フケは老廃物なので、出ること自体は決して異常ではありません。 ただ、その量に問題があるのです。 あまりにも多くのフケが出る場合は皮膚病の1つである「フケ症」が考えられ、 乾燥性と脂性の2種類のタイプがあります。

乾燥性は皮膚と同様で白い粉をふいたようなカサカサの状態のフケで できるだけ刺激の少ないシャンプーなどを使うことで改善されます。

一方、脂性は皮脂が溜まりやすいため、皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こし、 かゆみをともなうことから掻き毟ってしまい、湿ったフケが出るというわけです。

シャンプーを念入りに行い、脂っこい食事を避けるようにすることで改善が期待できますよ。

フケとかゆみの関係

フケは頭皮の古くなった角質、つまり垢のようなものでこれは誰にでも見られるものです。

けれどもシャンプーした直後からフケが発生していたり、 異常なほど大量のフケが発生している場合はフケ症かもしれません。

そして、フケ症の人のほとんどは頭皮にかゆみもあるはずです。 フケの原因である菌はカビの一種で皮脂がある部分に好むのですが、 頭皮は体の中でも皮脂が非常に多い場所であることからこの原因菌も住み着きやすいのです。

フケ原因菌はフケ症や頭皮の状態に関係なく誰にでも存在しているものなのですが、 これが異常に増加することで角質が刺激をうけます。 実は、この大量発生した菌が皮脂を分泌する毛穴を刺激したり、炎症を起こすため、 我慢できないほどのかゆみが起きるのです。

つまり、頭皮がかゆいから掻くことでさらに炎症が悪化し、 フケも発生しやすくなるというわけです。 ですから、フケとかゆみには密接な関係があるといえるのです。

また、これらは放っておくと悪化して皮膚炎をおこし、薄毛につながることもありますので できるだけ早くシャンプー剤を変えたり、あまりにも気になるときには皮膚科を受診するなど 対策することをおすすめします。

女性に増えているフケ症

フケというと中年の男性のスーツの肩に溜まっているというイメージですが 最近では女性のフケ症も増えているようです。

フケ症は皮膚病の一種であり、乾燥性と脂性の2つのタイプに分かれます。 女性に多くみられるのは圧倒的に乾燥性のフケ症であり、 それは頭皮の乾燥が原因となっています。

シャンプーのし過ぎやドライヤーのかけ過ぎなどのほか、ストレスも皮脂の分泌に 大きな影響を及ぼすといわれています。
特に中年の女性はお肌と同じように乾燥がすすむことからフケが出やすいようですね。 また、脂性のフケの場合は脂っこい食事や偏った食生活を続けることで 皮脂が出やすくなり、毛穴を詰まらせることが原因と考えられます。

シャンプーしてもなんとなく頭皮がべたつく感じがするという人は 湿ったフケが出ているかもしれません。
だからといって皮脂をゴシゴシと洗って頭皮を傷つけるのは逆効果ですし、 洗浄力の強いシャンプーを使うことでより皮脂が分泌されてしまうので注意が必要です。

まずは自分のお肌に合う刺激の少ないシャンプー剤を上手に選ぶことが大切ですね。

フケが冬に増える理由

髪の毛のお悩みでは、フケが出てしまうので何とかしたいと思う方がいます。 フケのお悩みが増えるのは冬の季節です。 何で冬になったら、フケのお悩みが多くなるのでしょうか?

冬は乾燥をするので、頭皮だけではなくて顔や手や足などの体中がカサカサしてきます。 暖房器具を使うので、余計にカサカサがひどくなる時期です。

頭皮も乾燥がひどくなって、そこからフケがでやすくなります。 冬になっても乾燥をしないように、ケアを行っていきましょう。 フケ対策になるシャンプーやトリートメントも販売されていますから、そういったヘアケア用品は積極的に使っていくといいですね。 頭皮夏になったら、暑くて汗をかくので毎日入浴をしてシャワーに入りたくなりますが、冬は寒いので、入浴をしなかったり洗髪もさぼってしまいがちです。

毎日の入浴や洗髪もフケ対策には効果が高いことですから、冬でもさぼらないで入浴や洗髪はしっかりとやっていくようにしましょう。 気候面からもフケは出やすい環境に冬はなるのですが、効果的なヘア・ケアをやっていたら、フケが出ないように自分の髪の毛の環境を整えることは可能です。

冬のフケを予防するには、頭皮フケと元となる角質のコンディションを整える成分が入った育毛シャンプーがオススメです。

シャンプーとフケの関係

通常、シャンプーは頭皮や髪の汚れを落とすものであり、 皮脂についた菌やフケも一緒に洗い流されます。

けれども、このシャンプーがフケを発生させていることもあるのです。 たとえば、あまりにも洗浄力が強いシャンプーの場合、 必要な皮脂まで取り去ってしまい、頭皮を乾燥させたり、 反対に皮脂を取りすぎたために逆に皮脂が過剰分泌してフケが発生たりとさまざまです。

実はシャンプーは人それぞれ相性があり、合わない場合には頭皮を傷めてしまい、 新陳代謝を早め、フケが増えてしまうのです。 しかも、フケが出発生していても、それがまさか毎日使っているシャンプーが原因であることには 気付きにくいため、やっかいだともいえるでしょう。

フケの改善にはまず自分が乾燥性のフケ症なのか脂性のフケ症なのかを見極めることが大切です。 乾燥性の場合は極端に頭皮が乾燥してダメージを受けやすい状態ですから、 できるだけ刺激の少ないシャンプーを使うことでかなり改善されるはずです。

一方、脂性のフケ症の場合は、少し菌を抑える作用があるものを選ぶとよいでしょう。 いずれにしても、フケが気になるときには一度シャンプー剤を見直すことが大切ですね。


50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定しました。フケにいい育毛シャンプーは?
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ