トップページ >  > 女性の髪・頭皮の老化パターンの原因と対策

女性の髪・頭皮の老化パターンの原因と対策

女性の薄毛のパターン

薄毛は男性だけに見られるものではなく、女性でも薄毛に悩む人が増えています。 30代後半ぐらいから見られるようになり、現在では10人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。

女性の薄毛は男性のように生え際から後退していくものとは少し違っていて、頭頂部全体的に薄くなるのが特徴です。 髪の本数自体が減るのはもちろんですが、1本1本が細くなり、さらに髪の色素も弱くなるため、全体が薄いという印象になるのです。 特につむじや分け目の地肌が目立つようになり、周りから指摘されて気づくことも多いようですね。

また、いつも髪をポニーテールなど同じ髪型で強く引っ張った状態にしていることで毛根に負担がかかり、 耳の上あたりの髪が薄くなるという症状も女性の薄毛の特徴です。

ただし、円形に脱毛してしまう円形脱毛症は、男女問わず、誰にでも起きるものであり、 これは精神的ストレスが大きく影響しているといわれています。 頭頂部や側頭部にできることがほとんどで、1ヶ所の場合もあれば、 数ヵ所同時にできる深刻な場合もありますよ。

薄毛の原因は精神的ストレスや食生活、加齢などですが、女性の場合は妊娠、出産などによって、女性ホルモンのバランスが 大きく変動しますので、いくつかの要因が重なって薄毛を招いているといえるでしょう。

つむじが薄い女性はシャンプー選びが大切

つむじが薄いとはいわゆる頭頂部が薄いことであり、 女性の場合でも「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれる脱毛の一種になります。

つむじの部分は普段自分ではあまり見ないところですので、 人から指摘されて初めて気づく人も多いようですね。

女性は20代後半から急激に皮脂の分泌が減少してしまうのでシャンプー選びはとても重要です。 普通の洗浄力が強いシャンプーを使い続けることで乾燥や逆に皮脂の過剰分泌を招き、 それが薄毛を加速することも考えられます。

まずは毎日のシャンプーで土台である頭皮環境をしっかりと整えてあげることが大切なのです。 シャンプーを選ぶときには、どのような洗浄成分が配合されているかをきちんとチェックしましょう。 石油系の洗浄力が強いタイプのものは刺激が強すぎるので できるだけお肌の成分に近い植物性の洗浄成分を配合しているアミノ酸系がおすすめです。

ただし、低刺激、無添加と謳われているシャンプーでも安価なものの場合、 洗浄力が強いものが使われていることもあるので要注意です。

また、発毛や育毛を促進するようなシャンプー剤もでていますが、 まずは頭皮環境をしっかり整えなければ、よい成分も浸透しませんね。

女性の髪・頭皮の老化を進める原因

女性の髪や頭皮が加齢とともに老化していくことを「自然老化」といい、 これはある程度は仕方がないのかもしれません。

けれども、普段の生活の中で気付かない間に老化を加速させている原因もありますよ。 まず紫外線がひき起こすのが「光老化」。
紫外線は目に見えないため、あまり実感がないかもしれませんが、 実はお肌よりも髪や頭皮によりたくさんの紫外線が降り注がれているのです。

髪が黒々しているのは髪の中のメラニンなのですが、 紫外線はこのメラニンを分解して退色させてしまうのです。 そして、毛髪を作っているケラチンというたんぱく質にダメージを与え、 枝毛や切れ毛などを引き起こしてしまうのです。

さらに活性酸素というやっかいな物質まで生成し、頭皮の中の毛母細胞の働きを衰えさせ、抜け毛や薄毛を引き起こすこともわかっています。 そして、体内の水分が不足することで頭皮が乾燥して老化する「乾燥老化」。

頭皮がカサカサになり、フケやかゆみが現れて炎症を起こすことで、健康な髪が生えにくくなるのです。 特に光老化と乾燥老化は年齢に関係なく起こりますので 普段からのケアがとても大切だといえるでしょう。

頭皮の老化を進める活性酸素って?

最近よく耳にする活性酸素はあらゆるものを錆びつかせ、美容に悪影響を及ぼしたり、 身体の老化を招く大変やっかいな物質として知られていますね。

実は、この活性酸素が頭皮の老化にも関わっているのです。 頭皮の場合は、紫外線や酸素によって発生した過酸化脂質を活性酸素が酸化させることで老化が進みます。

これが頭皮を酸化させ、抜け毛や薄毛を招く原因となっているのです。 毛髪の生成にはアミノ酸が必要なのですが、活性酸素を除去するためには この大切なアミノ酸を大量に使うため、頭皮や毛髪が十分な栄養を摂取できずに老化が進んでしまうのです。

また、活性酸素が発生することで、頭皮が硬くなったり、皮膚が薄くなることもあり ちょっとした刺激でもすぐにトラブルを引き起こすようになります。 活性酸素は紫外線やストレス、喫煙、食品添加物などにより発生しやすくなりますので

普段からできるだけこれらを避けることが大切です。 特に頭皮は紫外線の影響が大きいため、夏場だけではなく、1年中しっかりと紫外線対策することが重要なポイントです。

場合によっては、活性酸素は発癌の原因になったり、DNAを傷つけてしまうこともありますので、 本当に怖い物質だということを理解しておかなければなりません。

女性の抜け毛を防ぐサプリメント

体に必要な栄養素は毎日のバランスのよい食事で補いたいものですが、実際にはなかなか難しいのが現状です。

そこで多くの人はサプリメントなどの健康補助食品を利用しているのですが、 実は女性の抜け毛は髪を生成する毛母細胞に十分な栄養が行き届かなくなることで起こるため、 予防のためにもサプリメントは大変有効なのです。

育毛や抜け毛に効果的な栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミンCやB1など。 これらの栄養素は、血行を促進する働きがあるので、毎日きちんと摂取することは抜け毛にとても有効だといわれています。 特にタンパク質の吸収を高めるためには、これらを同時に摂取するのが効果的です。

また、男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼを阻害する亜鉛や 自分では生成できないアミノ酸などもサプリメントで補うことをおすすめします。

さらに近年では、カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することが 細胞を活性化して、髪の生成を促すということがわかってきました。

他にも、頭皮の血行をよくして抜け毛を予防するという目的なら リコピンやフラバンジェノール、ビタミンEなどが一緒に配合されているものもいいでしょう。

女性はシャンプー選びが特に大事

昔から「髪は女性の命」という言葉があるように、女性にとって美しく輝く髪は永遠の憧れですね。 けれども、毎日使うシャンプーの選び方間違えると髪がパサついたり、ダメージが進んでしまったりと 思いがけないトラブルが発生することもあるのです。

つまり、それだけシャンプー選びは大切なのです。
シャンプーに求められている働きは実にシンプルであり、髪と頭皮を清潔にすることです。 けれども、たったこれだけなのにいろいろな種類のシャンプーが出回っていて どれを選んでいいのか迷ってしまいますね。

多くのシャンプー剤にはコーティング剤、いわゆるシリコン剤が配合されているため、 一瞬で髪の手触りをよくてくれたり、ツヤを与えてくれたりしますね。 しかし、残念なことにこのコーティング剤は髪の表面にくっついて包んでしまい、髪の呼吸を妨げるだけではなく、 潤いを補給できなくしているのです。

しかも、十分すすぎをしなければ、毛穴を詰まらせることもあり、 これがかゆみやフケを発生される原因にもなり得るのです。

ですから、シャンプー剤を選ぶときは、一瞬の手触りを重視するのではなく、 いかに刺激が少なく、必要な皮脂や汚れだけを取り去ってくれるかを考えることですね。


50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定しました。本当にいい育毛シャンプーは?
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ