トップページ >  > 女性ホルモンのバランスと抜け毛の関係

女性ホルモンのバランスと抜け毛の関係


女性の男性型脱毛症では男性ホルモンが大きく影響していることがわかっていますが、 実は女性ホルモンも女性の薄毛と深い関係があるのです。

まず、出産後に見られる抜け毛は、女性ホルモン「エストロゲン」によるものだということがわかっています。 このエストロゲンは妊娠後期に多く分泌されるため、髪は成長期を続け、抜け毛が減少するのですが、 出産と同時に一気に休止期に入ることで抜け毛が増加するのです。

ただ、これは一時的なものであり、半年から1年くらいの間には自然に治まってくるので心配はいりません。 また、女性ホルモンは更年期になり、閉経を迎えるまで分泌されますが、 その分泌量は年齢によっても変わりますし、1ヵ月の間でも生理の周期によって変化していきます。

一般的には女性ホルモンの分泌が増えるのは生理が始まってから次の排卵までといわれており、 この間は髪のお手入れに適しているのです。 反対に排卵から次の生理までは代謝が落ちてしまうのでこの期間にパーマやカラーをするのは避けたほうが無難でしょう。

女性ホルモンはちょっとしたストレスやイライラによってバランスが崩れ、 それが血行不良を招き、頭皮環境を悪くしてしまうのです。
ホルモンバランスは生活環境にも大きく左右されますので、規則正しい生活を心掛けることも 薄毛予防につながります。
シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

私に合う女性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの効能成分

女性用育毛シャンプーの基礎知識

女性用育毛シャンプーの成分評価

女性のヘアケア対策いろいろ