トップページ >  育毛シャンプーの効能成分 >  脱毛の原因を抑える成分

脱毛の原因を抑える成分って?女性の壮年性脱毛ってあるの?

壮年性脱毛って女性でもなるの?

「脱毛症になってしまうのは男性のみの現象で、女性は脱毛症にはならない!」 といわれてきましたが、医学界の見識も変化してきて、男性でも女性でも同じように脱毛をすることが分かってきたのです。 女性でも、脱毛症に悩む方が増加しています。

壮年性脱毛も、女性もなってしまいます。 壮年性脱毛になるのは20代から40代の比較的若い女性ですから、「若はげ」の1つに壮年性脱毛があげられます。 40代以降の中高年の女性がはげや脱毛症になったら、壮年性脱毛症ではなくて、年齢を重ねておこる老人性脱毛症に分類されてくるのです。

壮年性脱毛症は、遺伝的な要素があるといわれています。 あなたの父や母や姉妹や祖父母が壮年性脱毛症になっていたら、遺伝要素からなってしまうケースがあります。 遺伝から壮年性脱毛になるのは、全体の3割程度です。

壮年性脱毛症になった時には、髪の毛の中でも、頭頂部がはげてくることが大きな特徴になっています。 前髪などの髪の毛ははげていないのに、頭頂部から若い世代なのにはげがすすんできたら、壮年性脱毛を女性でも疑ってみたらいいですね。

シャンプー時の抜け毛

シャンプーの時、抜け毛が多くて薄毛になるのではないかと不安になる人も多いと思いますが これはあまり心配いりません。

髪にはヘアサイクルがあり、シャンプー時に抜けるものは髪の寿命によって自然に抜けたものだと思われます。 特に1日でもシャンプーしない日があれば。翌日のシャンプー時には より多くの抜け毛があるのは当然なのです。

一般的に髪は1日に70本ほど抜けるの普通であり、季節やヘアサイクルの周期によっては 100本ほど抜けることもあります。 ですから、シャンプー時に10本抜けたからといって大騒ぎする必要は全くないわけです。 それよりも抜け毛を心配してシャンプー時にいい加減に洗ったり、 すすぎをしっかりしなかった場合、頭皮に皮脂や雑菌が残ってしまうことのほうが より抜け毛を招くことになるのです。

抜け毛を気にせず、毎日シャンプーして頭皮を清潔に保ったり、 軽いマッサージで血行をよくすることが実は抜け毛を予防することになりますよ。

髪が抜けるということは、その分新しい髪が生えていると考えれば全く気にすることはないのです。 ただし、明らかに薄毛になってきた場合や抜けた髪が細くやせ細っていたり、 途中で切れているような場合には何か原因があるかもしれないので注意しなければなりません。

脱毛の原因を抑える成分

男性ホルモンのテストステロンは、男性女性問わず体内に含まれています。このテストステロンが酵素によって変換されて脱毛ホルモン(DHT)が生成されます。
脱毛ホルモン(DHT)がたくさん増えると、薄毛や抜け毛の原因になるので、脱毛ホルモン(DHT)を生成する酵素の働きを抑制する成分が、育毛の役に立ちます。



男性ホルモン抑制する代表的な成分

キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒ、シモツケソウエキス、エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、エストラジオール、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒ(クワエキス)、シモツケソウエキス、キウイエキスなど




50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。「脱毛ホルモン抑制成分」を含むシャンプーは?


シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ