トップページ >  私に合う女性用育毛シャンプーは? >  頭皮の刺激が少ない女性シャンプー

無添加で低刺激の女性用育毛シャンプーおすすめ4選


シャンプーは、「洗い心地」だけで選んでませんか?

実は、洗い心地がいいシャンプーは、刺激が強い成分が多い傾向があります。

使っているシャンプーの刺激は、「経皮毒」といって、頭皮に徐々に蓄積していきます。

何年かして、急に抜け毛や薄毛が進行したら、刺激の強いシャンプーを長年つかっていたからだった・・・
なんてこともありえます。

髪に悩む女性 40代と50代



そこで、頭皮に悪い刺激的な成分を整理して、副作用やシャンプーの選び方をまとめました。

頭皮に悪い刺激的な成分は、
・界面活性剤
・シリコン類
・防腐剤・パラベン
があります。

それぞれの副作用について、わかりやすく説明しますね。

髪や頭皮に悪い「界面活性剤」とその副作用とは?

界面活性剤は洗濯用洗剤や食器用洗剤、シャンプー、化粧品等に使われていますが、 それぞれ使われている界面活性剤の種類が異なることをご存知でしょうか。

界面活性剤には大きく分けて4種類あり、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン性界面活性剤に分類されます。

その中でもシャンプーにはアニオン界面活性剤と両性界面活性剤という界面活性剤が使われており、 泡立ちを良くしたり水に溶けやすくする役割を担う、なくてはならないものだと言えます。

しかし、この界面活性剤がにより頭皮に問題が起こることがあります。

特に、アニオン界面活性剤は洗浄力が高い分、刺激が強く、頭皮に深刻なダメージを与えてしまいます。

アニオン界面活性剤を使用することで、頭皮の乾燥や炎症、フケ、かゆみ、髪の毛の痛み等の副作用が引き起こされることがあります。

これは、強力な洗浄力により、本来であれば必要な皮脂までも洗い落としてしまうことが原因と考えられます。

皮脂が不足すると頭皮の水分が異常に蒸発したり、体が不足に反応して必要以上に皮脂を分泌したりといったトラブルが発生してしまうのです。

髪や頭皮に悪い「シリコン類」とその副作用とは?

シリコンには大きくわけで「鎖状シリコン」と「環状シリコン」があります。

鎖状のシリコンは名前のとおり、シリコンが鎖状になっており、高い皮膜力があるのが特徴です。

成分表記に「アモジメチコン」や「ジメチコン」と書かれていれば鎖状のシリコンが使用されているので成分表をしっかりと見るようにしましょう。

そして、環状シリコンは皮膜力が低く、鎖状のシリコンよりも密着性が弱いのが特徴で、成分表には「シクロメチコン」と書かれています。

このシリコンの特徴は分子量が小さいので髪に吸着しにくく、使用感が軽いのが特徴です。

熱によって揮発しやすく、どちらかといえばオイルトリートメントやヘアスプレーに配合されていることが多いです。

シリコンにはメリットもありますが、その反面、副作用も存在します。

シリコンは髪の毛をコーティングしてしまうので、同時に頭皮までコーティングします。

シリコンでコーティングされた頭皮は、毛穴のつまりや炎症、 フケやかゆみなどの皮膚トラブルを引き起こす可能性があるので、頭皮への悪影響を考える必要があります。

髪や頭皮に悪い「防腐剤・パラベン」とその副作用とは?

シャンプーや化粧品によく使われるパラベンは長期保存による腐敗から守る防腐剤の効果があります。

パラベンの使用量は決められており、少量のパラベンでは副作用を起こす可能性は低いと言われていますが、全くないわけではありません。

パラベンは人間の体に存在しない成分ですので、頭皮から体内に蓄積されて病気を引き起こす危険性があります。

経皮毒とく言葉もよく聞かれるようになりましたが、皮膚から吸収された化学物質は体外に排出されにくく体に蓄積されていきます。

そして頭皮は他の皮膚に比べて経皮吸収率が高いと言われています。

これによる副作用としてまずあらわれやすいのが皮膚の病気で、かゆみ、湿疹、アレルギー性皮膚炎などです。

他にもアトピーを発症したり、免疫力の低下を引き起こすこともあります。
特に市販の安価なシャンプーに含まれていることが多いので、安全を考えるのであればパラベンの入ってないシャンプーを選ぶのがおすすめです。

頭皮の刺激成分が少ない女性用育毛シャンプーを成分比較

頭皮の刺激成分が少ない女性用シャンプーを選ぶなら、比較表の「刺激成分」をみてみてください。
お肌にも化粧品との相性があるのと同様に、頭皮にもシャンプーとの相性があります。

頭皮は体より皮脂が多いので、シャンプーの洗浄成分は顔やボディの石鹸よりも強めにつくられているものが多いです。 その分、シャンプーのほうが、化粧品や石鹸よりも、頭皮との相性を気にしなければなりません。

最近では、シンプリッチ(simprich)のように、ボディーもヘアケアも同じものであらう一本使いの商品が現われていますが、 これは、頭皮も洗浄もボディの洗浄レベルに合わせて、やさしめに洗いながすというコンセプトですね。

シャンプーは長い間、日常で使うものなので、洗浄効果が高くても、頭皮の刺激成分が少ないものを選ぶようにしましょう。 10代のころは頭皮が若いので、頭皮の刺激が高いシャンプーをつかっていても大丈夫ですが、20代後半以降になると頭皮の状態に差が出ます。

シャンプーの刺激成分が少ないものは、以下の商品です。
(「刺激成分」の列が、"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)

その中でも、特にやさしめの成分で構成されているシャンプーは、
   ・ハーブガーデン
   ・haru kurokamiスカルプ(旧:黒髪スカルププロ)
の2つです。


頭皮の刺激成分が少ない女性用育毛シャンプーのリスト(「刺激成分」の列が"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
刺激
成分
総評


haru kurokami

アミノ酸系

なし



ハーブガーデン

アミノ酸系

なし


自然派シャンプー
花しゃん

アミノ酸系のみ

なし


シンプリッチ(simprich)

アミノ酸系と植物性洗浄剤

なし



無添加で低刺激の女性用育毛シャンプーのおすすめ4選

無添加で低刺激の女性用育毛シャンプー4選を、ランキング形式で1位から、おすすめ順に紹介します。

haru kurokamiスカルプ(旧名:黒髪スカルプ・プロ)

haruシャンプー「黒髪スカルプ・プロ」



haruシャンプー「kurokamiスカルプ」は、100%天然由来の成分で出来ているエイジングケアシャンプーです。化学成分は無添加になっており、シリコンや合成ポリマーなどの成分は含まれていません。

そのため頭皮に与える刺激がほとんどなく、肌に優しいながらも汚れはしっかりと落としてくれるシャンプーになります。ハイビスカスエキスやオリーブオイルといったエイジングケア成分も含まれています。

2018年7月10日、「haru kurokamiスカルプ」は「黒髪スカルプ・プロ」からリニューアルされています。 基本的な成分構成は変わりませんが、以前より、育毛成分、白髪対策成分がさらに増加され、パワーアップしています。



ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー



ハーブガーデンシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分の頭皮に優しいシャンプーです。

アミノ酸系でありながら、天然成分が20種類以上入ったオーガニックシャンプーで、しかも完全にノンシリコン処方です。 水にまで、オーガニックハーブから抽出したものを使っているというこだわりで、低刺激なので敏感肌でも使えます。

頭皮を保湿してくれたり、髪の毛のダメージを補修してくれる天然成分もたっぷり配合されています。

オーガニック系の天然成分で頭皮に優しいシャンプーが欲しい方にはおすすめです。

マイナチュレスカルプシャンプー

マイナチュレスカルプシャンプー



マイナチュレスカルプシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分のみを使用しているシャンプーです。アミノ酸系の洗浄成分は石油系や石鹸系に比べて頭皮にかかる負担が少なく、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうということがありません。

また、合成香料や着色料、シリコン、紫外線吸収剤といった肌に刺激を与える成分は一切配合されていない無添加処方となっています。頭皮を保湿してくれたり、髪の毛のダメージを補修してくれる天然成分も多数配合されています。



スカルプDボーテ

スカルプDボーテ



スカルプDボーテは、女性の頭皮を専門とする医師と共同開発して誕生したシャンプーです。アミノ酸系の肌に優しい洗浄成分が使われており、石油系界面活性剤やパラベン、シリコンといった肌に負担をかける成分は配合されていません。

また、ソイセラムというイソフラボンが豊富な成分が配合されています。女性ならではの薄毛の原因は女性ホルモンの減少と言われていますが、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分です。







人気30種の女性用育毛シャンプーを成分比較





------------------------------------
更新日:2018/09/03






シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ