トップページ >  女性のヘアケア対策いろいろ >  日光でできる頭皮のイボに注意!

頭皮のイボができた!髪用の日焼け止め・UVケア対策って?

日光でできる頭皮のイボに注意!

近年の医学の研究から、日光の紫外線は人間の体、特に皮膚には悪影響が大きなことがはっきりしてきたのです。 日に焼けていたら、人間の皮膚や肌には悪影響が出てきます。 もちろん、大事な髪の毛や頭皮の環境を考えても、紫外線は確実に降り注いでいます。 紫外線を浴びていたら、髪の毛や頭皮にもさまざまな異常がおこってきます。 その1つが、日光でできる頭皮のイボ(脂漏性角化症)です。

日光でできる頭皮のイボ(脂漏性角化症)は頭皮だけではなくて、顔や体中の皮膚にできますが、頭皮は体の中で1番てっぺんにあるので、その分だけ紫外線も多く降り注いできます。 頭皮には、日光でできるイボ(脂漏性角化症)ができやすいのです。

日光でできる頭皮のイボ(脂漏性角化症)を作らないようにするためには、紫外線の害から、髪の毛や頭皮を守っていかなかったらいけないのです。 帽子や日傘などをうまく活用をして、直接髪の毛や頭皮に紫外線が降り注がない環境をつくっていきましょう。

注意をしなくてはならないのは、紫外線は暑い夏だけではなくて1年中まんべんなく降り注いでいますので、寒い冬でも春でも秋でももちろん暑い夏でも、1年中頭皮や髪の毛を紫外線からガードしてくださいね。

髪用の日焼け止め・UVケアって?


女性の美容を考えても1番よくないのは、日焼け・紫外線です。 世界的に考えても、 「いかに紫外線が女性の美容の維持にはよくないものなのか!」 ということが明らかになっています。 あなたの体の美を維持していく時には、とにかく紫外線には気をつけなくてはならないでしょう。

紫外線の対策では、お顔やボディーには気を配っているでしょうが、大事な部分のUVケアーを忘れていませんか? それは、髪の毛や頭皮の紫外線対策です。 髪の毛や頭皮は頭のてっぺんにあるので、当然他の部分以上に、たくさん紫外線は降り注いできます。 他の部分以上に入念に、紫外線対策はやらなくてはならないのです。

髪用の日焼け止め・UVケアで効果が高いのは、1年中帽子をかぶる方法です。 夏の暑い時期になったら、帽子をかぶる方は増えてきますが、冬や春や秋になったら、油断をして帽子をかぶらないかもしれません。 紫外線は暑い夏の時期だけではなくて、1年中あなたの髪の毛にはたっぷり降り注いできますから、1年中忘れないで、髪用の日焼け止め・UVケアで帽子をかぶりたいですね。


50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?


シャンプーを成分評価!

数多くの女性用育毛シャンプーを成分解析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーが抜け毛とフケに効果があるか検証しました。

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

抜け毛が増えた?haruシャンプーの薄毛成分と口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ